「ハロウィン」のシンボルはカボチャじゃなかった!? 由来と行事食を知ってより秋のイベントを楽しもう!(保育園・幼稚園行事)【季節の行事・食育コラム】

秋のイベントと言ったら「ハロウィン」。

この時期はオレンジ色のカボチャやお化けのグッズが店頭に並び、見るだけでワクワクしますね!

子どもたちの中にはハロウィンでもらえるお菓子や仮装を楽しみに待っている子もいることでしょう。

また、保育園や幼稚園での行事を企画されている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、楽しいハロウィンのルーツや行事食についてご紹介します。

「ハロウィン」はヨーロッパ発祥のお祭りです!

ハロウィンは、古代ケルト人の「サウィン祭(Samhain=アイルランド語で夏の終わりを意味するお祭り)」が起源だと言われています。

ケルト人の暦では11月1日が新年とされ、その前日の10月31日(大晦日)には、秋の収穫を祝うとともに先祖の霊がこの世へ戻ってくると考えられていました。

しかし、悪霊も一緒にやってきて来て、災いをもたらしたり、子どもをさらったり、悪さもしにくると言われていたそうです。

そこで、人々はお化けや、魔女に変装して、悪霊を追い払うようになったのがハロウィンのはじまりだとされています。

「ハロウィン」でお菓子を配るのはどうして ?

「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなくちゃ、いたずらしちゃうぞ!)」。ハロウィンでお馴染みのフレーズですね。

子どもたちにとって、この言葉を言って、お菓子をもらうのはハロウィンの楽しみの1つだと思います。

でも、仮装した子どもたちが「トリック・オア・トリート」と言って、お菓子を配るのは、なぜなのでしょうか。

これには「悪霊が悪さをしないようにお菓子をあげて元の世界へ戻ってもらう」、魔除けの意味が込められていると言われています。

「ハロウィン」のシンボルは「カボチャ」ではなく「カブ」だった ?

カボチャをくり抜いて、なかにロウソクを灯す、ハロウィンのシンボル的なランタン(提灯)は、「ジャック・オ・ランタン(Jack-o’-Lantern)」と呼ばれるもの。

お菓子を配る時と同じように魔除けの意味があります。

そんなジャック・オ・ランタンは今でこそカボチャで有名ですが、もともと古代ケルト人が使っていたのはカブ。

ハロウィンがアメリカに伝わったときに、生産量の多かったカボチャをカブの代用にしたことがきっかけでカボチャになったようです。

「ハロウィン」の行事食にはやっぱり「かぼちゃ」が人気♪

子どもたちにとってお化けなどのコスチュームを着て、お菓子をもらえるハロウィンは楽しみのイベントのひとつ。

そんなハロウィンにはシンボル的なカボチャや秋に収穫された食材を使ったメニューが多くみられます。保育園の給食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • カボチャグラタン
    カボチャの果肉を加熱して入れる場合や、カボチャの中身をくり抜いて容器として使う場合があります。その際、皮に目、口、鼻の部分を掘り、ジャック・オ・ランタンの顔を描いても面白い!
  • パンプキンスープ
    鍋にカボチャとコンソメ、水を入れてカボチャが柔らかくなったらマッシャ―などでつぶして牛乳を加えたりしてつくるスープです。意外と手軽に作れるのが嬉しいところ。
  • カボチャマフィン
    ホットケーキミックスなどで作れます。食感が気にならない方は、カボチャを皮ごと使用して作ってもよいでしょう。

秋のおすすめ食材

さつまいも、栗、柿、ぶどう、りんごなど

また、古代ケルト人が住んでいたとされるアイルランドの主食はジャガイモとされていることから、ハロウィンではジャガイモを使ったメニューもよく食べられる傾向があります。

素敵な飾りと美味しい食事で「ハロウィン気分」を味わうのも!

最近ではハロウィンをおうちで楽しむ人たちも増えてきています。お部屋に飾り付けをし、美味しいお食事とともに家族でこぢんまりと楽しむのも素敵な思い出になるでしょう。ぜひ、今年ならではの楽しいハロウィンの思い出を作ってみてくださいね。