2017年7月19日、大阪府枚方市の幼稚園さまで、こども向け食育プログラムを行いました。 年少・中・長、各プログラムでは、栄養士の問いかけに「はーい!!」と、手を上げてこたえる元気な声がホール一杯に響きわたりました。

「夏のお野菜たちと仲良くなろう!」(30分)

【プログラム内容】(年少さん140名・年中さん160名)

プログラムのねらい

  1. 夏野菜に触れて夏野菜に興味を持たせる
  2. 野菜の良さを知らせる

園児の活動

  1. お野菜クイズ「このお野菜は何かな~?」
  2. お野菜リレー
  3. お野菜の実験「お野菜は浮かぶかな?」
  4. (年少さん)紙芝居・・・お野菜の良さについて。うんちの話
  5. (年中さん)お話し・・・同上
  6. 「お野菜博士カード」授与

「4つのたべもの」(40分)

【プログラム内容】(年長さん170名)

プログラムのねらい

 食べ物の体の中でのはたらきや、偏りなく食べることの大切さを知らせる。

園児の活動

  1. お野菜クイズ「このお野菜何かな~?」
  2. 食べ物の4つのはたらきを知る
    ⇒血や肉になる
    ⇒体の調子をよくする
    ⇒体の力になる
    ⇒味をつくる
  3. 4つのはたらきを色分けして分類する(赤、緑、黄、白)
  4. 食べ物のはたらきカルタ遊び
  5. 「お野菜博士カード」授与

中川先生から園児さんへ
各学園30分のプログラムでしたが、みんなキラキラした目で積極的に楽しんで参加してくれていたのが印象的でした。
特に年長さんは「食べ物のはたらき」という、少し難しい内容だったのですが、終了後のこどもたちの会話から、ちゃんと覚えてくれているのがわかって、こどもたちの理解力の高さに驚きました。