会社概要

商 号株式会社 富喜屋(ふきや)
所在地【大阪本社】 〒569-0854 大阪府高槻市西町3-1
【東京オフィス】 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F
【セントラルキッチン】 〒569-0854 大阪府高槻市西町3-1
電話(代表)072-693-7356
代表者代表取締役 宮崎 裕生
創 業1969(昭和44)年 9月
資本金10,000,000円
従業員数約350名(パートタイム含む)
主な事業
  • 保育園(保育所)給食、幼稚園給食、こども園給食の委託給食
  • 栄養士業務代行サービス
  • 給食改善コンサルティング
  • (私立)小学校給食、(私立)中学校給食の委託給食
  • 事業所給食
  • 仕出し事業(会議・イベント用弁当)
  • 高槻市高齢者配食サービス指定事業
  • 惣菜の製造・販売
展開
ブランド
ブランド名「お惣菜 じゃがいも」
高槻センター街店 大阪府高槻市高槻町20-16
天神橋店 大阪府大阪市北区天神橋筋5-8-9
淡路店 大阪府大阪市東淀川区淡路4-8-17

店舗名「じゃがいも」の由来
弊社代表取締役会長 宮崎 参次が、見た目は素朴でもしっかりと地面に根をはり豊かな実りをつけるじゃがいものように地域にしっかりと根付き、お客様に手づくりのお惣菜を通して幸せをお届けできるお店に成長したいと願ってつけました。

品質保証当社の本社セントラルキッチンは、農林水産省 指定認定機関(日本弁当サービス協会)より、HACCP(ハサップ)高度化認定調理施設として認定されています。
所属団体
  • 公益社団法人 集団給食協会
  • 一般社団法人日本弁当サービス協会
  • 高槻商工会議所

セントラルキッチンは、「HACCP高度化認定調理施設」

HACCPとは、原材料の受入れから最終製品までの各工程ごとに、微生物による汚染、金属の混入などの危害要因を分析(Hazard Analysis)した上で、危害の防止につながる特に重要な工程(Critical Control Point)を継続的に監視・記録する工程管理システムです。

FAO/WHO合同食品規格委員会(コーデックス委員会)が、HACCPの具体的な手順(7原則12手順)を示し、食品の安全性をより高めるシステムとして国際的に推奨しています。

これまでの品質管理はロットから一定数のサンプルを抜き取り検査し、統計的にバラツキや品質を確認する「抜き取り検査」が一般的でした。HACCPでは重要な管理点を全量・継続的に監視し記録することで、より安全性を高める仕組みになっています。

当社のセントラルキッチンは、HACCPに基づいた工程管理行う為のソフト・ハードが整備されていると、農林水産省の指定認定機関 一般社団法人 日本弁当サービス協会から認定されています。