お正月は、「七草がゆ」から【食育コラム】

芹 なずな 御形 はこべら 仏の座 すずな すずしろ これぞ七草

「芹なずな 御形はこべら仏の座 なずなすずしろ これぞ七草」、これは1月7日に「かゆ」に入れて食べる七草の名前です。

中国から伝わった習慣ともいわれ、無病息災を願ったものであるとか、豊作を願ったものであるとか諸説さまざまですが、お正月のごちそうで疲れた胃袋を休ませるのに大変効果的な食べ物です。

お正月は、「七草がゆ」から【食育コラム】

芹、なずな、「御形」は「ハハコグサ」、「はこべら」は「ハコベ」、「すずな」は「かぶ」、「すずしろ」は「大根」のこと。

お正月は、「七草がゆ」から【食育コラム】

「七草がゆ」とは

七草は、早春に芽吹くことから「邪気を払う」と昔から言われています。

先人は、その言い伝えから「無病息災」を祈って「七草がゆ」を食べたました。

七草は、日本人にとってのハーブです。そのハーブで胃腸に負担がかからないおかゆを作ろうというのですから、本当に体に優しい食べ物と言えます。「七草がゆ」は日本人にとって、とても理にかなった習慣と言えるでしょう。

七草がゆのレシピはコチラ