「ひな祭り」で子どもの成長を祝おう!行事の由来と行事食に込められた意味をご紹介【季節の行事・食育コラム】

3月3日は、女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」の日です。

女の子がいる家ではひな人形を飾り、家の中がいつもより華やかになる時期でもありますね。
そこで今回はそんなひな祭りの由来や行事食についてお伝えします。

「ひな祭り」で子どもの成長を祝おう!行事の由来と行事食に込められた意味をご紹介【食育コラム】

ひな祭り は本来、厄払いの行事だった!?

ひな祭りの由来は、古代中国で行われていた「上巳(じょうし)の節句」といわれています。古代中国では同じ奇数が2つ並ぶ3月3日はとても不吉な日とされ、川で身を清めたり、宴会を行ったりする厄払いが行われていました。

そこにもともと日本で行われていた「人形(ひとがた)に自身のけがれを移し祓う」という風習が合わさり、災いを移した人形を川などに流して厄除けをする「流しびな」に発展。さらに貴族の間で流行った「雛(ひいな)遊び」という人形遊びが結びついて、女の子の健康と幸せを願う「ひな祭り」になったといわれています。

ひな人 形は飾る日はいつ頃がいいの?片づける日はいつ?

「ひな祭り」で子どもの成長を祝おう!行事の由来と行事食に込められた意味をご紹介【食育コラム】

ひな人形を飾る日や片づける日には特に決まりはありません。しかし、遅くても3月3日の1週間前には飾るとよいでしょう。

一方で「厄払いの身代わりになった人形をいつまでも置いておくのはよくない」とされるため、ひな祭りが終わったらなるべく早くしまうようにしましょう。

ひな人形は子どもに触らせない方がいい ?

ひな人形は「高価だから子どもに触らせない方がよい」と考えるママも多いようです。しかし、実はその逆。直接触れることで、人形が子どもの身代わりになって、災厄を受けてくれるといわれているのです。

ぜひ、厄払いをかねてお子さんと飾りつけや片付けを一緒に楽しんでみてくださいね。飾り付けができない年齢であれば、やさしく触らせるだけでもよいでしょう^^

子どもに行事食に込められた意味を伝えよう♪

ここで簡単にひな祭りの行事食に込められた意味について、ご紹介しましょう。
子どもたちにも、ぜひ、教えてあげてくださいね。

  • 菱もち
    桃、白、緑の3色で、桃は「魔除け」、白は「清浄」、緑は「健康や長寿」を表す説と、桃は「桃の花」、白は「残雪」、緑は「若草」を表している説があります。雪の下に新芽が芽吹き、桃の花が咲いている春の情景を表しているそうです。
  • ひなあられ
    桃、緑、黄、白の4色で、桃は「春の桜」、緑は「夏の新緑」、黄は「秋の紅葉」、白は「冬の雪」をイメージし、四季を表しているといわれています。「女の子が1年間、健康で過ごせますように」という願いが込められています。
  • はまぐりのお吸い物
    はまぐりの2枚の貝殻は、対になっていた貝殻以外とは合わない性質から「一人の相手と永遠に離れないように」という願いが込められた縁起物です。
  • ちらし寿司
    ひな祭りだけでなく、おめでたい日に食べられるちらし寿司。豆は「健康でまめに働ける」、エビは「長寿」、れんこんは「見通しがよくなる」などの意味が込められています。
  • 白酒
    もち米、米麹、焼酎などで作られる白く濁ったお酒です。アルコール飲料なので子どもは飲めません。「ある晩、おひなさまが夢枕に現れ、白酒の作り方を伝授した」といういい伝えがあります。

ひな祭りは我が子の成長を感じる日に

いかがでしたか?行事の由来や食事に込められた意味を知るとよりひな祭りが楽しくなりますね。お子さんの成長を感じる日でもある「ひな祭り」。1年ごとにひな人形の前で写真を撮って我が子の成長を記録していくのも、おすすめですよ。

※ひな祭りの由来やひな人形の片付けなどには諸説あります。