お母さんの味「サバの味噌煮」昭和のレシピ

「サバ(鯖)」は青魚の代表格。

体内で作り出すことができないDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれ、積極的に食卓に取り入れたい魚のひとつです。

お母さんの味「サバの味噌煮」
お母さんの味「サバの味噌煮」レシピ

「サバの味噌煮」レシピ

材料(大人2人 こども2人分)

  • サバ(切り身)… 2切れ(300g)
  • しょうが… 1かけ
  • (A)
    水… 100ml
    醤油… 小さじ2
    みりん… 大さじ1/2
    酒… 大さじ1
    砂糖… 大さじ2
    味噌… 大さじ1と1/2
つくり方
  1. サバは、食べやすい大きさに切り、しょうがはせん切りにする。
  2. 鍋にしょうがと(A)を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして皮目を上にしてサバを入れる。
  3. 再度沸騰したら火を弱め、落とし蓋をして煮汁が少なくなるまで15~20分ほど煮詰める。

「サバの味噌煮」の調理のポイント

  • お酒と味噌、しょうがで魚の臭みが抑えられます。さらに臭みを抑えたい場合は、さっと熱湯をかけてから料理をするとよいでしょう。
  • サバに切れ目を入れると味が染みやすくなります。
  • 子どもにあげるときは骨に注意。骨抜きなどで取ってからあげてください。
「鯖(サバ)」の知っておきたい!栄養と調理・保存のコツ【食育コラム】