「鯖(サバ)」の知っておきたい!栄養と調理・保存のコツ【食育コラム】

「鯖(サバ)」の知っておきたい!栄養と調理・保存のコツ【食育コラム】
「鯖(サバ)」の知っておきたい!栄養と調理・保存のコツ【食育コラム】

サバは、季節を問わずおいしく、いつでも手ごろな値段で手に入りやすい魚のひとつ。

「青魚の王様」と呼ばれるほど、栄養価が高く、健康によいとされるDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。

「鯖(サバ)」の旬

日本で獲れるサバには、「マサバ」と「ゴマサバ」の2種類があります。

「マサバ」は秋から冬、「ゴマサバ」は夏に旬を迎え、旬のマサバは、脂のりがよく、ゴマサバは味や脂質量が安定しているのが特徴です。

「鯖(サバ)」の栄養

サバは、良質なたんぱく質をはじめ、DHA・EPA、ビタミンDなど、体に嬉しい栄養素をたくさん含んでいます。

なかでもDHA・EPAは食事からしか取れない脂で、脳の神経細胞の材料に必要な栄養素として注目されています。

おいしいものの選び方

目が澄んでいて、体全体にハリがあるものを選びましょう。

また、銀白色に輝き、皮の模様がはっきりしたものが新鮮です。

「鯖(サバ)」の調理のポイント

生のサバは、傷みやすく買ったらすぐに使い切りましょう。寄生虫がつきやすいため、生食用と売られているもの以外、加熱調理が必要です。

ここでサバをおいしく食べるコツを知って、調理に活かしてみましょう。

種類による食べ方

  • 生サバ
    生サバは、主に三枚おろしにされているサバです。味噌煮や塩焼き、ムニエルなど、基本何でも合います。
  • 塩サバ
    塩サバは、水揚げしたサバを塩水に浸し、干して作られます。焼くだけで立派なおかずになりますが、調理で使う際は塩分が多くならないように注意が必要です。
  • しめサバ
    生サバを塩漬けした後、酢漬け加工したものです。刺身や寿司、マリネ、和え物などにして食べます。

臭みの取り方

サバの臭みが気になる場合はさっと湯通ししたり、生姜や酒、味噌を使ったりするとよいでしょう。

「鯖(サバ)」の保存方法

次に、サバの保存方法のご紹介です。

  • 冷蔵保存
    サバは、冷蔵室に入れて、当日から翌日(パッケージに記載がある場合は期限以内)に使用しましょう。
  • 冷凍保存
    すぐに使わない場合は、冷凍保存がおすすめです。保存の目安は1か月程度です。

冷凍保存方法

  1. サバを食べやすい大きさに切る。
  2. 表面の水気をペーパータオルで拭き取り、1切れずつラップに包む。
    このとき、十字に切り目を入れると、煮物などに使うときに味が染み込みやすくなります。
  3. 冷凍保存袋に入れて冷凍室へ。

冷凍したサバを解凍するときは、冷蔵庫で自然解凍のほか、電子レンジで解凍や凍ったまま調理する方法があります。

解凍後は生のサバのように、煮たり、焼いたり普通に使用できます。

まとめ

サバは、刺身、塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、さまざまな料理に幅広く利用できます。

手軽にサバの栄養を摂りたいときは、缶詰を利用するのもよいでしょう。

調理済みなうえ、骨まで柔らかくカルシウムを効率よく摂取できます。ぜひ、お好みの食べ方で、サバのおいしさを味わってみてください。

「鯖(サバ)」の知っておきたい!栄養と調理・保存のコツ【食育コラム】

お母さんの味「サバの味噌煮」レシピ