芯まで柔らかい「春キャベツ」【食育コラム】

「春キャベツ」の栄養と効能

3月~5月が旬の春キャベツは甘くて柔らかいうえ、冬キャベツに比べてカロテンが3倍、ビタミンCが1.3倍、ビタミンK、ビタミンU、クロロフィル、カリウムなどのミネラル、食物繊維も豊富に含まれています。

ビタミンUは胃腸の調子を整える栄養素。他にも免疫力を高めたり、むくみ予防、整腸作用があるとされています。

また芯は葉の部分よりもビタミンCが多く、春キャベツは芯も柔らかいので、ぜひ食べてみてください。

芯まで柔らかい「春キャベツ」【食育コラム】

「春キャベツ」の選び方・保存方法

葉は濃い緑色、重さはあまり関係なく巻きがゆるくフワっとしたもの、芯の切り口が、小さいもの・変色していないものを選びましょう。

保存する場合、湿らせた新聞紙にくるむ、またはふんわりとラップに包んで冷蔵庫に入れましょう。

⇒「春キャベツ」を使った「ハンバーグ、和え物」のレシピはコチラ

芯まで柔らかい「春キャベツ」【食育コラム】