お母さんの味「きんぴらごぼう」昭和のレシピ

ごぼうの歯応えと香りがクセになるきんぴら。

お弁当の1品にも最適です。

お母さんの味「きんぴらごぼう」昭和のレシピ

「きんぴらごぼう」レシピ

材料(4人分)
  • ごぼう… 150g
  • にんじん… 100g
  • ごま油… 大さじ1
  • (A)
    しょうゆ… 大さじ1
    砂糖… 大さじ1と1/2
    みりん… 大さじ1/2
    酒… 大さじ1
    唐辛子(輪切り)… 小さじ1/2
  • 白ごま… 小さじ2
つくり方
  1. ごぼうとにんじんは、千切りにし、ごぼうは水につけておく。
  2. フライパンにごま油を熱し、水気を切ったごぼうとにんじんを入れ、中火で炒める。
  3. ごぼうがしんなりしてきたら、(A)を入れ、さらに汁気がなくなるまで炒める。
  4. 最後に、白ごまを入れ2分ほど、炒め合わせる。

「きんぴらごぼう」の調理のポイント

  • ごぼうのアクには、水溶性の栄養成分が含まれているため、水にさらす場合は短時間がおすすめです。
  • 「千切り」にすればシャキシャキとした食感を、「ささがき」にすれば、味が染みやすくなると言われています。
「ごぼう(牛旁)」の知っておきたい!栄養と調理・保存のコツ【食育コラム】