お母さんの味「いか大根」昭和のレシピ

いかは煮すぎると固くなるので、大根はじっくり、いかは煮すぎないのがコツです。

片栗粉を入れることで全体に味がからみやすくなります。

お母さんの味「いか大根」昭和のレシピ
お母さんの味「いか大根」昭和のレシピ

「いか大根」レシピ

材料(4人分)
  • いか(下処理済み)… 1杯(約150g)
  • 大根… 300g
  • しょうが… 1片
  • (A)
    だし汁… 300ml
    酒… 大さじ3
    しょうゆ… 大さじ2
    砂糖… 大さじ2
    みりん… 大さじ1/2
  • 水溶き片栗粉
    (片栗粉:小さじ1、水:小さじ2)
つくり方
  1. いかの胴は1cm幅の輪切りに、足は食べやすい長さに切る。大根は少し厚めに皮をむき、1.5cm幅のいちょう切りにする。しょうがは薄切りにする。
  2. 鍋にしょうが、(A)を入れ沸騰したら、いかを加え、色が白くなったら、いったん器に取り出す。
  3. 2.の鍋に大根を入れ、落し蓋をして、中火で20分ほど煮る。
  4. 大根がやわらかくなったら落し蓋を外し、いかを鍋に戻し入れ、さらに5分ほど煮る。
  5. 最後に、水溶き片栗粉をまわし入れ、薄くとろみをつける。

「いか大根」の調理のポイント

  • とろみが必要ない場合は、水溶き片栗粉は不要です。
「いか(烏賊)」の知っておきたい!栄養と調理・保存のコツ【食育コラム】
「いか(烏賊)」の知っておきたい!栄養と調理・保存のコツ【食育コラム】