実はスゴイ!!「食物繊維」【食育コラム】

「ヒトの消化酵素で消化されない食物成分」それが食物繊維

野菜や海藻・きのこ・果物・大豆などの植物性食品に多く含まれている糖質です。

水分を含んでゲル状になった食物繊維は、でんぷんの消化を遅らせることで血糖値の上昇を抑えたり、腸内のコレステロールや有害物質を吸着し排泄させます。

実はスゴイ!!「食物繊維」【食育コラム】

また、一部の食物繊維は、腸内細菌のはたらきで発酵し、腸内を酸性にする物質をつくるので、酸性を好むビフィズス菌や乳酸菌が増え、腸内環境が整えられます。

食物繊維は「健康を支えてくれるスゴイ成分」として見直されています。

食物繊維とは?

食物繊維には、こんにゃくいもや果物に多く含まれている水溶性と、野菜に多く含まれている不溶性の2種類があります。また、両方含んだ食品もあります。

成人の一日の摂取基準は約20gですが、現代の私たちの摂取量は約13gと言われています。

これは小学生の基準値にあたります。摂りすぎもよくないのですが、不足しているのは事実です。

いろいろな食品をバランスよく食べると、食物繊維も適切に摂取できます。