秋の味覚「さつま芋(さつまいも)」【食育コラム】

9月は十五夜や敬老の日、お彼岸など、和食をいただく機会が多く、日本の文化を大切にし楽しむ月でもあります。

季節ならではの食材で食卓を彩りましょう! 秋の味覚、さつまいもを紹介します。

「さつま芋(さつまいも)」の栄養と効能

さつまいもは芋類の中で食物繊維の含有量が一番高いです。

便秘改善や、血圧を下げる効果もあるといわれています。また、食物繊維が多い食材は子どもには食べづらいものが多いですが、さつま芋は食べやすい食材の一つです。

また風邪予防効果があるビタミンCや不足しがちなカルシウムも含まれています。

ビタミンCは熱に弱いですが、さつま芋のビタミンCはでんぷんにつつまれているため他の野菜に比べ加熱時間に伴うビタミンC残存率が高くなっています。

秋の味覚「さつま芋(さつまいも)」【食育コラム】

美味しい「さつま芋」の見分け方

  • 丸々としていて重みがある
  • 皮にハリとツヤがある
  • 表面に傷がない
  • 表面に蜜が出ている

などです。

スーパーで売られているさつま芋は収穫後少しおいて、美味しくなった頃合いで販売されているので、購入したらなるべく早く食べるのがおすすめです。

食べるまでに時間が空く場合、さつま芋の貯蔵適温は13℃~17℃なので冬ならば室内で常温保存、夏ならば新聞紙で包みポリ袋にいれ冷蔵庫の野菜室での保存がいいでしょう。

⇒「さつまいも」を使った「濃厚ねっとりふかし芋」のレシピはコチラ