夏の食材の大定番!「枝豆(えだまめ)」【食育コラム】

毎年7月は、暑かったり、梅雨のような日が続いたりと、体調を崩しやすいものです。

蒸し蒸しする日や暑い日が続くと、体の機能が低下し食欲不振に陥りやすくなりますので、熱中症にも注意が必要です。

旬の夏の食材の大定番の枝豆をご紹介します!

「枝豆(えだまめ)」の栄養と効能

みなさんも大好きな枝豆の栄養と効能をご説明します。

ビタミンB1

ビタミンB1は消化液の分泌を促し糖質をエネルギーに変換するのを助けるので、スタミナ不足の解消に効果があると言われています。

鉄分(てつぶん)

枝豆にはほうれん草はもとより、小松菜よりも多くの鉄分を含んでいます。

鉄分は悪性貧血の予防効果があり、不足気味になりやすい妊娠期にも良いでしょう。

夏の食材の大定番!「枝豆(えだまめ)」【食育コラム】

おいしい「枝豆(えだまめ)」の見分け方

お店で枝豆を選ぶ時の参考になさってください。

枝付き枝豆の見分け方

  • 産毛が濃く、青々としているもの
  • 実が揃っており、膨らんでいるもの
  • 莢が密生しているもの
    ※枝・葉・莢(さや)が茶色く変色しているものは避ける

莢(さや)だけの枝豆の見分け方

  • 莢の緑色が鮮やかでふっくらしているもの
  • 粒が均等なもの
    ※莢が茶色いものは避ける
夏の食材の大定番!「枝豆(えだまめ)」【食育コラム】