【郷土料理】チーズ入り「ゴーヤチャンプルー」(1人分)~沖縄県~【食育レシピ】

ゴーヤ(にがうり)は、沖縄では多くの家庭で栽培されている夏を代表する野菜

ゴーヤチャンプルーは、今や全国的に知られた料理です。

ゴーヤ(にがうり)は、沖縄では多くの家庭で栽培されている夏を代表する野菜です。
ビタミンCを多く含み、夏バテ予防に効果があります。

「チャンプルー」とは沖縄方言で「ごちゃ混ぜ」という意味で、炒め物を指していいます。材料の豆腐は沖縄では「島豆腐」というつぶれにくい硬いものを使いますが、木綿豆腐でもおいしくいただけます。

材 料
  • ゴーヤ 50g
  • 木綿豆腐 100g
  • 豚もも肉 40g
  • 油 小さじ3/4
  • 塩 0.3g
  • こしょう 少々
  • 卵 30g
  • 粉チーズ 
  • 大さじ2/3
  • 薄口しょうゆ 
  • 小さじ1/3
【郷土料理】チーズ入り「ゴーヤチャンプルー」(1人分)~沖縄県~【食育レシピ】
つくり方
  1. 豆腐はクッキングペーパーに包んで重石をのせて、水けをきり、食べやすい大きさに切る。
  2. ゴーヤは縦半分に切って種とワタを取り除き、5㎜ほどの厚さの半月切りにする。
  3. 豚肉は食べやすい大きさに切る。
  4. フライパンに半量の油を熱し、豆腐を焼き色がつくまで焼き、いったん取り出し、残りの油を加えてゴーヤを炒める。
  5. ゴーヤもいったん取り出して豚肉を炒める。
  6. 豚肉に火が通ったら豆腐とゴーヤを入れ、塩・こしょうで味をつける。
  7. 卵、粉チーズを混ぜて、 6. に加えて炒める。
  8. 仕上げに薄口しょうゆを回し入れてひと混ぜする。
    ※粉チーズはお好みで!