【郷土料理】鱈の切り身で贅沢な「じゃっぱ汁」(4人分)~青森県~【食育レシピ】

青森県では、「じゃっぱ」は大雑把【郷土料理レシピ】

「じゃっぱ」とは「大雑把」という意味だそうですが、ここでは魚の「アラ」を指します。

「アラ」とは、三枚おろしをした後の頭・内臓・身の付いた骨のことです。

「じゃっぱ汁」は、ぶつ切りにしたアラを野菜などと煮込んだ汁物で、濃厚なうま味と甘味が特長です。主に用いる魚は、北日本で全漁獲量の9割を占める鱈です。

材 料(4人分)
  • たら切り身 2切
  • だいこん 100g 
  • にんじん 50g
  • ねぎ 70g  とうふ ¼丁
  • だし汁 800ml
  • A(酒 100ml、みりん 40ml、しょうゆ 40ml)
  • しょうが汁 少々
  • 塩 小さじ1・1/5
【郷土料理】鱈の切り身で贅沢な「じゃっぱ汁」(4人分)~青森県~【食育レシピ】
つくり方
  1. たらは一口大に切り、湯通しします。
  2. だいこん・にんじんはいちょう切り、ねぎは斜め切り、とうふは食べやすい大きさに切ります。
  3. だし汁に、だいこん・にんじんを入れて火にかけ、煮えたら、たら・(A)を入れます。
  4. 一煮立ちしたら、あくをとり、しょうが汁を加えます。
  5. とうふ・ねぎを入れてさらに一煮立ちさせます。
  6. 最後に塩を入れ、味を整えます。
    ※味付けは本来は塩のみですが、みそを使う家庭もあります。お好みでアレンジしてください!