体を温める根菜類の「蓮根(れんこん)」【食育コラム】

冬には、体を温める効果の高い根菜類が旬を迎えます。今回はその中から、風邪の特効薬とも言われるれんこんについてご紹介します。

旬のものを食べることは季節に対応した体作りをすること! みなさんも旬の食材を食べて風邪やインフルエンザを撃退しましょう。

「蓮根(れんこん)」の栄養と効能

れんこんの主成分はデンプンで、食物繊維を多く含有しています。

ビタミンCがレモンと同等に含まれているほかに、ムチン、タンニンといった特殊成分も含まれているのが特徴です。

れんこんに含まれるデンプンが、加熱に弱いビタミンCが破壊されることを防いでくれることで抗酸化作用があり、老化を防止してくれます。

また、免疫力アップや風邪などの感染症の予防のほか、生活習慣病の予防にも効果があります。油と相性が良いため、天ぷら、きんぴら、油炒めなどにするとれんこんの持つ特性を生かせます。

体を温める根菜類の「蓮根(れんこん)」【食育コラム】

「蓮根(れんこん)」の上手な選び方

ずんぐり丸みのある形でまっすぐなものを選びます。色は薄い茶色。
あまり色が白くてきれいなものは、漂白されていることがあるので注意しましょう。切り口の穴は小さいほうがよく、穴の周囲が黒ずんで変色していたり泥が入っているものは避けましょう。

保存する際は、空気に触れないようにラップにくるんで冷蔵庫で保管します。
調理中の黒ずみを防ぐためには、酢水にさらすといいでしょう。

蓋をせずにさっと炒めることがシャキシャキの食感をキープさせるポイントです。

⇒「蓮根(れんこん)」を使った「れんこんとパプリカの味噌きんぴら」のレシピはコチラ