カルシウム、食物繊維が多く、夏が旬の「オクラ」【食育コラム】

食物繊維が豊富な「オクラ」

ジメジメした梅雨の季節から夏にかけて、気温も湿度も高くなり体調を崩しやすくなります。
旬の夏野菜をたくさん食べて暑い夏を元気にのりきりましょう。

「オクラ」は、「カルシウム」、「食物繊維」が豊富なs夏が旬の野菜です。

カルシウム、食物繊維が多く、夏が旬の「オクラ」【食育コラム】

「オクラ」の栄養と効能

オクラの栄養と言えばネバネバの元となっている成分のペクチンです。

ペクチンは水溶性の食物繊維で、胃の粘膜を保護したり治したりします。これからの時期、冷たいものを摂取することが多くなり、弱りがちな胃の健康を保ってくれます。

他にも、骨や歯の形成に必要なカルシウム、免疫力アップの働きがあるβカロテン、余分な塩分を外へ排出してくれるカリウム、代謝をアップしてくれるビタミンB1とB2、抗酸化作用やコラーゲンの生成を助けるビタミンCなど様々な栄養素が多く含まれている野菜です!

良い「オクラ」の選び方

  • 濃い緑色で産毛がたくさん生えているものを選びましょう。
  • 小さい方が軟らかく中の種も小さいので、小さいものの方が美味しいことが多いです。
  • ヘタの切り口が黒くないものが新鮮です!

美味しく食べるためのポイント

  • 使う前に塩をこすりつけるようにして洗うと、表面の産毛が取れ軟らかくなり食べやすくなり、さらに茹でた際に色が鮮やかになります。
  • 生でも食べられますが、茹でる時は熱湯で1~2分間さっと茹でるのがオススメ。サラダや和え物で食感を活かしたい料理の時は茹ですぎに注意!

⇒「オクラ」を使った「鶏とオクラのポン酢炒め」のレシピはコチラ